Skip to content

4回生の学び

【4回生の授業】

4回生では就職活動と卒論作成が車の両輪です。両立は大変ですが、いずれも4年間の大学生活の集大成とも言うべきものですから、悔いのないように全力で取り組んで下さい。

4回生時は、「専門演習III・IV」という名前のゼミナールに所属します。ここでは、12月に出す卒業論文の準備を進めます。各回の授業では、ゼミ生が、卒論の全体構想や各部分の章の内容を発表し、批評・コメントの交換を行います。

また、「卒業論文」の授業では、卒業論文執筆に向けて、教員との個別面談を中心に行い、卒業論文の完成度を高めてきます。なお、優秀な卒業論文は、卒業式に表彰されます。また、『学生論集』という立命館の学会が発行する雑誌に掲載され、図書館に所蔵されます。

なお、4回生時に新しい講義科目はありません。単位を取りきった人は、ゼミナールと卒業論文に打ち込みながら、就職活動を行っていくことになります。

大学院進学希望者については7月に学内進学試験があり、9月(秋入試)と2月(春入試)には一般入試が実施されます。詳しくは大学院のページを参照して下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。