Skip to content

大学院生(博士課程)

M1s

立川 ジェームズ(James Bunyan)

私は幼少の頃から歴史が大好きで、よく父親と一緒に歴史の本を読んでいました。高校でも世界史が一番好きで、恩師の先生に「お前、大学で歴史やれ」と言われ、立命館への進学を決心しました。

学部時代にP.Brownの『古代末期の形成』に出会い、私は古代ローマにおけるキリスト教について関心がわきました。私の研究テーマはローマ帝国のキリスト教化です。キリスト教は誕生から300年をかけて信徒を増やしつづけ、ついには公認されるわけですが、その過程で、キリスト教徒たち自身はどのように自己を形成したのでしょうか。当時の記述をもとにそのことを明らかにしたいと思います。趣味はチェスと音楽鑑賞(ヘヴィーメタル)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。